広背筋の筋トレ方法

広背筋を鍛えるには

広背筋,筋トレ,方法

 

広背筋を鍛えることについて紹介してみます。

広背筋とは

広背筋,筋トレ,方法

 

広背筋とは背中の中でも重要な筋肉で、スーツを着用した男性の格好良さを3割増しにしてくれる筋肉です。背中の筋肉が発達した逆三角形の肉体であると、男性を何倍にも格好良くしてくれます。広背筋の鍛え方次第で、背中の見え方は決まってきます。

 

広背筋は肩甲骨の下に位置して、肩甲骨を寄せる時に使用する筋肉です。そのため、肩を落として肩甲骨を寄せると広背筋をフルに使えます。逆三角形の体とは、広背筋の発達により形成されていて鍛え上げられた広背筋は後ろから見ると三角形に見えるようになります。

 

ウエストもメリハリが付いてスマートな肉体に見えるので、広背筋を鍛えていきます。広背筋はトレーニングの最中に意識しにくい筋肉で、これは普段見えない筋肉であるので更に意識して使用する事があまりない筋肉であるのが原因です。

 

広背筋がどこにあるのかを確かめて、動かしてみてきちんと場所や機能を一度確認する事が大切です。広背筋を鍛えると、逆三角形になるだけではなく姿勢も良くなります。疲れにくい身体にもなり、基礎代謝も上がります。重いものが持てるようになり、腹筋が割れやすくなります。

 

背筋の筋トレを行う時には、広背筋を意識して取り組み、適切な負荷をかけて腕と肩の筋肉をあまり使わずに正しいフォームで行いましょう。

背筋の筋トレの重要性

広背筋,筋トレ,方法

 

背筋の筋肉の強さは、姿勢にとても大きな影響を与えます。人間の体は元々背中が丸くなりやすい構造になっていて、身体の力を抜くと自然と背筋が曲がります。力を抜いた時に身体がピンと真っ直ぐになり、反対に背中が反ってしまう人はいないです。

 

背筋をきちんと伸ばした状態でいるためには、背中の筋肉で引っ張る必要があります。重量がかかった状態で背筋を丸めた姿勢を取っていると、今度は重い頭を支えるのが大切になり身体のあちこちに余計な負担になってしまいます。背中の筋肉は成長に追いつけないと、身体の側面から背面の筋力差は益々大きくなり悪循環を作ってしまいます。

 

このことから、背筋の筋トレを行うのはとても重要な事です。胸や腹筋は比較的鍛えやすい身体であるので、筋肉が強くなりやすいです。背筋は筋トレを行って意識をして鍛えないと、中々鍛えるのが難しい部位です。姿勢を悪くさせないためや、身体の他の部分に余計な負担をかけないためにも筋トレを行います。

 

鍛える事で姿勢が良くなると、ポッコリお腹も解消されます。ポッコリお腹が解消されると、ウエストも引き締まっていきます。相乗効果でウエストが引き締まるので、特に女性には嬉しい効果があります。

広背筋を鍛えるストレッチ

広背筋,筋トレ,方法

 

広背筋を鍛えるストレッチで最も簡単な方法は、腕を上げて伸ばす方と反対側の体に傾けて、その方向に向けて腕を遠くに伸ばす事です。やり方は両手を天井に向けて持ち上げて、片方の手で広背筋を伸ばすもう片方の手首を掴んで、斜め上に引き上げます。

 

この時に上半身も一緒に倒すとストレッチされ、自然な呼吸をしながら左右30秒ずつ伸ばします。引っ張る方の腕や肩に力が入らないように注意をして行うのがポイントで、休憩時間に行うと身体がリラックス出来て集中力も増します。終業後は体が良く伸びて気持ち良さが実感出来ます。

 

ツールを活用して広背筋をストレッチする方法があり、筋肉をほぐす事も出来ます。ストレッチボールを使って行うと、マッサージをしてもらうのと同じように筋肉に圧を加える方法で広背筋をほぐす事が出来ます。ツボ押し器やゴルフボール等でも可能であるが、ストレッチポールの独特の硬さと円柱状の形がエクササイズには簡単で効果的です。

 

やり方は脇の下から脇腹まで気になる部分をほぐして、腕を伸ばして脇の下にストレッチポールがくるように横になります。肘を床に付けて、お尻を床から持ち上げて、ストレッチポールに体重をかけながら、脇の下から脇腹にかけて転がします。

 

それを気持ちの良い所や気になる部分を中心に、30から60秒行いましょう。

背筋の筋トレは器具を使った方が良いか?

広背筋,筋トレ,方法

 

広背筋や脊柱起立筋等の大きな筋肉が背中にはあり、鍛えるとカロリー消費や代謝アップに繋がります。背中を鍛えると姿勢改善に繋がり、姿勢が改善されると筋トレのパフォーマンスアップや身体の不調の改善が期待出来ます。

 

器具を用いて鍛えると、筋肉が発達するには、筋肉に負荷をかけると回数をこなして成長ホルモンの分泌が促せます。筋肉にしっかりと、負荷をかけられます。可動域も広げる事が出来て、可動域の広さはターゲットの筋肉の最大伸展や収縮に繋がります。

 

背中には大きな筋肉から小さい筋肉まで様々あり、それぞれの筋肉に合った負荷をかける必要があります。重さを変える事が出来るので、最適な筋トレが出来ます。背筋は器具を使わないでも鍛える事が出来るが、器具を使用すると筋トレの効率を高められたりします。

 

ジムでは様々な筋トレ器具があるが、その中でも背筋を鍛えるにはダンベルが効果的です。他の器具になると同じ筋肉だけに刺激を与えていくが、ダンベルなら筋肉が成長するのに大切な違った刺激を与えられます。ダンベルは自由な動かし方が出来るので、おすすめの器具です。

金剛筋シャツのお申し込みはこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。